出来杉計画とは

(記、2013年4月30日)
現在、人工林や花粉症などなどなにかと印象の悪い「杉」。
でも、古来からその扱いやすさで日本人とともに歩んできたのも事実。

そんな杉をなんとかしよう!

杉のために出来る事をスギスギ(次々)やって行く計画」を開始します!

<出来杉計画活動の柱>
○林業の話題は
山仕事、林業の話題 
○チェンソーアートの話題は
チェーンソーアートの話題
チェーンソーアートの作品
○杉の葉染めの話題は
杉の葉染めの話

杉の学名は「Cryptomeria japonica(隠れた日本の財産)」。
いつまでも隠しておくのはもったいない!

|

2018/04/24

チェンソーのフェリングマーク(ガンマーク)を考える

僕は以前、こんな記事を書いたことがありまして。

伐倒がうまくなる?


ガンマーク、フェイリングマークについてなんですが、これってどうも伐倒方向のラインと平行になるようにはついてないような気がしてます。
もう何年もいろんな現場で色々チェンソーを変えたりして試してみた自分なりの答えなんですけどね。

伐倒木の右から確認したときと、左から確認した時でも違うのでガイドバーと直角にはラインは入ってないのでしょう。
ま、ガイドバーはまっすぐではないので、そもそも直角にはできないけど。


ただ、人間というのは頑固なもので、「ガイドバーと直角であり、平行に決まっている」と完全に決めつけていたので、ズレが生じているのは「そのチェンソーのクセなのだろうな」と思い込み、長年それを把握した上でピンポイントで伐倒してました。

なんで、最初からズレてるって判断できなかったのだろうね〜


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


と、ここまで書いて、軽く調べてみたら2014年に新しくなったハスクの教則本に「15m先の伐倒ポイントに合わせる」って書いてあるんですね(汗)

なんだよ!

知らなかったの俺だけかよ(涙)

旧版には持っているんですが、そんなことは書いてなくて。

すみません、新装版買ってきます。。。

| | コメント (1)

2018/04/17

木登り。新人デビュー。

林業はもちろん、ぜひ特伐がやりたいと黒滝村に来た一人の新人。
1年経って、林業全般一通りの仕事をこなし、ついにこの日がやって来た。

Img_6476
木登り前に我が社のエースクライマーとしっかり打ち合わせ。

Img_6531_2
実演指導

Img_6553
エースも一緒に登り、細かく指導します

Img_6585_1
時にはグラウンドから厳しくチェック。

Img_6588
全ての作業が無事終了し、最後にエースからアドバイスを送ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
デビューおめでとう。
エースクライマーの指導をしっかり吸収して、ゆっくり確実に頑張って行って欲しいと思います。

| | コメント (0)

2018/04/11

6年ぶりのメタセコイア

2012年の夏にこんな現場に行きました。
メタセコイアが太すぎる


そして、その続きが
メタセコイアのその後


そして月日は流れ、、、
また同じ現場に仕事で入ることになり再会しました。
Img_5929
これ無塗装なんです。
切り株はさすがに朽ちて来ていますが、作品は色あせているだけで、痛みもほとんどありません。
直射日光と雨ざらしでかなり厳しい環境なのですが、これには驚きました。


どこかに保存しておくのも良いですが、このまま切り株とともにいつかは朽ちてしまうのもそれはそれで自然なのかもしれません。

それまではできるだけ長くこの場所で笑顔を見せていて欲しいですね。

| | コメント (4)

2018/04/06

CMIミニブロックがリコール

「小さきものはみなうつくし」ってなわけで愛用してたんですよ。

そしたらまさかのリコールです。
20180406_231617

アメリカに返品か〜泣
これまでもアメリカやイギリスに返品してきたけど、個人輸入やっぱりこういうのがちょっと面倒やね。。

| | コメント (4)

2018/03/28

スーツに見える作業着

話題のスーツ型作業着、もう見ましたか?

Mainv3

0d6e9b58f1b398141569ec6cd93ebb7f


んでこれ、動画が最高なんでぜひ見て欲しい。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「服が変われば意識が変わる」

すげえパワーワードだ。

これ、林業の現場で考えると、どうなるんでしょうね。
最近のチェンソーメーカーが提案しているようなオレンジ色の作業着が、この場合のスーツに相当するのでしょうか?

20180328_201644

こういうのってメーカーのカタログでみると格好いいんだけど、なぜか自分で着てみるとコレジャナイ感が漂うんだよな。

作業現場でも、コンビニでも、デートでもOKな作業着って、、、やっぱりスーツ⁈


チェンソープロテクションパンツはどうしても太くなるのは仕方ないけど、普段の作業着なら細身でしっかりストレッチして、丈夫で通気性がよく撥水加工。

みなさん、どんな作業着ならいいですか〜

| | コメント (6)

2018/03/20

バッテリーチェーンソー ハスクかマキタか

ほいさ!

Img_5571

と言うわけで、ハスクバーナのバッテリーチェンソー536Li xpのトップハンドルとバックハンドルです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・なぜ、バッテリーチェンソーなのか
A 騒音対策です

祝日や土曜日に街中でチェンソーを使う場面がどうしてもあり、これまで注意を受けたことはありませんが配慮は必要との判断です。

・なぜハスクなのか
A ハスクバーナ、スチール、オレゴン、マキタを比較検討した結果です

マキタ以外の3社を比較した記事がこちらに掲載されています。


この原稿を書いた後、マキタからチェンソーを貸していただき書いたブログがこちら

ーーーーーーーーーーーー


正直な話、、、、マキタのバッテリーチェンソーが欲しかった。
日本のメーカーを応援したい気持ちもあるし、パワーツールにおける実績は十分すぎるほどだし、何と言ってもバックハンドルタイプはハスクと十分張り合えるできでしたから。


マキタのトップハンドルの新製品がこちら
Muc254drgx_big

バックハンドルのようにバッテリー2個タイプが欲しかった。。
僕らは庭木ではなく、高木の樹上伐採を行うので「こがる」タイプではちょっと物足りないんですね。。
チェンが25APというのもマイナス材料。。
マキタのテスターさんはなぜ90PXを使うように言わなかったのかなあ。
スチールのPM3が使えれば、まあいいのですが、こういう事するのはマニアだけ。
メーカーさんの方で選択肢が欲しかった。


というわけで、トップハンドルの方でハスクの536LiXPという選択になり、バッテリーの使い回しを考えるとバックハンドルもハスクバーナになる、というわけなんです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今後はチェンソーネタもバッテリー関係が増えてくるかもです。
というか、増やして行きたいな。

| | コメント (0)

2018/03/14

伐採、伐倒 クサビの上下

Facebookのグループにて、クサビの使い方についての投稿がありました。

<クサビを使っていて割れてしまうのだが、どうしてなのか>

という質問に対してメーカーが返答しているのですが、その中でクサビの使い方について言及しています。


メーカーの言うクサビの正しい使い方は、Img_5478
このツメ(突起)が上側になるように使うのが正しいそうなんです。

つまり、切り株側にはツメのない面、元口側にはツメのある面というようにセットして使うのだと。


なぜかと言うと、
「ツメを下にしていると木とクサビ本体の間に隙間ができて、ツメの先端に荷重が集中して折れやすくなる」
とのことなんです。

クサビが<浮く>ような状態になって折れやすくなりますよ、ってことですね。
ふむふむ。。。


ーーーーーーーーーーーーーーー
僕はこれまでツメを下にして使っていました。
ツメはクサビの「戻り防止」のためだと思うので、切り株側で踏ん張ってもらう。
元口側は木が倒れるに従ってだんだん離れていってしまうから、戻り防止の役割としてはツメは下向きだろうと。

でも、考えてみたら木が倒れ出すほど追い口が広がったらツメの役割は終わっているだろうし、クサビを効かせている間は元口側もしっかりとクサビに乗っているからツメはしっかり効くでしょうね。


と言うわけで、ここでメーカーさんの言う折れる理由をもう一度思い出すと、結局ツメを上にしてもずっしりと樹木の重さは乗ってくるわけで、隙間ができてツメに荷重がかかることには代わりがないようにも思えてくるんですが。。


みなさんは、ツメは上派ですか、下派ですか?

| | コメント (10)

2018/03/13

ぺツルのエアラインを使ってみた

1年以上前に海外ショップでぺツル製品が15%オフになっていた時に購入しておいたスローライン「エアライン」。

ようやく出番がやってきました。
Img_5410

ファーストインプレッションは「硬い」。
細いし(1.8mm)、まるで針金のよう!

ここ最近は2mmのトイフェルベルガーのダイナグライドを使っていたので、もう全然使い勝手が違います。


エアラインは画像でわかるようにコシがしっかりしているので、絡みにくいと思うんですよね。

ただ、スローの後、ラインを引っ張る時に手に食い込んで痛い。。
昔使ってたジンギットを思い出します(涙)


ま、ラインも軽量だし、摩擦の影響も受けにくそう。
利点は多いと思うので、楽しみに使っていこうと思います!

| | コメント (0)

2018/03/02

今月の吉野チェンソーアートスクールはフクロウです

今月の吉野チェンソーアートスクールはフクロウを彫ります。

チェンソーアートの基本技術が詰まったフクロウ。
またモチーフとしても大変人気のある作品になっております。

ぜひ、チェンソーアートに興味のある人はお問い合わせください。

1802230959215a8f676936b73_l

2018年3月18日(日)午前9時半~午後4時終了予定

場 所 吉野アートスタジアム

    奈良県吉野郡吉野町西谷

         (新鹿路トンネル南口より約200m)

    TEL.0746-32-2960←当日の連絡先  

講 師 吉野チェンソーアートスクール チーフインストラクター 梶谷哲也

受講料 12000円(講習費、丸太代含む)※年会員の方は10800円

対 象 高校生以上の男女(チェンソーの経験は問いません)

 

お持ちいただくもの

チェンソー、混合ガソリン、植物性チェンソーオイル、チャップス、(イヤマフ、ゴーグル、グローブ、安全靴も推奨)昼食、飲み物、筆記用具

チェンソー、安全装具等をお持ちでなくても大丈夫です!



【お申込み/お問合せ】

 

吉野チェンソーアートスクール事務局

 

〒639−3445 奈良県吉野郡吉野町楢井190-3 吉野林業資材センター内

 

TEL.0746−32−8129

 

FAX.0746−32−1318

 

 

 

E-mail.ringyou@yoshino-shizai.com

| | コメント (0)

2018/02/28

杉の天然下種更新

先日入った道路脇の一反ほどの現場。
道路を拡張する際に木を伐り、そのままにされていました。

Img_4837
写真、道路側に杉の若木が生えてますが、これは自然に生えてきたもの。
山側の成木からタネが落ちて生えてきたそうです。

Img_4846
結構、普通に成長してます。

Img_4849
等間隔に並んでいるように思うけど、これも自然に生えてきたもの。

Img_4842
獣害は全体の1割ほどでした。
僕らが植林すると現場全体を囲うネットをするのですが、必ずどこかから侵入してきてほぼ全ての苗が食べられてしまいます。
ここはネットも何もないのですが、ほとんど食べられていません。

Img_4865
雪で曲がってしまったものもありましたが、数はほんのわずか。
ほとんどはほぼ真っ直ぐに育っていました。

ヒノキも実生ですが、枝打ちをしたようです。
杉も大きく成長しているものは枝を打ったようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この現場は北向きで標高は450mほど。
1枚目の写真を見てもらえればわかる通り、日当たりはあまりよくありません。
日当たりが良くないことで実生苗が草の勢いに負けることなく、これだけの成長を見せていたのかもしれません。


道路脇を広く伐開したところはこれまでも注意して見ていましたが、ここまで実生苗がたくさん、しかもきれいに成長しているところは初めてでした。


吉野林業は人が手をかけて大事に森を作ってきた歴史がありますが、それでも楽に森づくりができるに越したことはありません。
ましてや材価が下がっている昨今においては。

これからも様々な条件による実生苗に注意して行きたいと思います。

| | コメント (8)

«バーバーチェア